水俣市出身だった!『國民新聞』主宰、徳富蘇峰氏!

戦後の日本 またプライベートの視点で考えると商店街やスーパー、コンビニの有無など、生活のしやすさもチェックしましょう!名古屋 住まい

経歴

「変節」と政界入り

従軍記者として日清戦争後も旅順にいた32歳の蘇峰は、明治28年(1895年)4月のロシア・ドイツ・フランスによるいわゆる「三国干渉」の報に接し、「涙さえも出ないほどくやしく」感じ、激怒して「角なき牛、爪なき鷹、嘴なき鶴、掌なき熊」と日本政府を批判し、国家に対する失望感を吐露した。

蘇峰は、『蘇峰自伝』において、

この遼東還付が、予のほとんど一生における運命を支配したといっても差支えあるまい。
この事を聞いて以来、予は精神的にはほとんど別人となった。こ れと言うのも畢竟すれば、力が足らぬわけゆえである。
力が足らなければ、いかなる正義公道も、半文の価値もないと確信するにいたった。

と回想している。

遼東半島の還付(三国干渉)に強い衝撃を受けた蘇峰は、翌明治29年(1896年)より海外事情を知るための世界旅行に出かけた。同行したのは国民新聞社社員の深井英五であった。蘇峰は、渡欧する船のなかで「速やかに日英同盟を組織せよ」との社説を『国民之友』に掲載した。その欧米巡歴は、ロンドンを皮切りにオランダ、ドイツ、ポーランドを経てロシアに入り、モスクワでは文豪レフ・トルストイを訪ねた。 その後、パリに入ってイギリスにもどり、さらにアメリカ合衆国に渡航している。ロンドンでは、『タイムズ』や『デイリー・ニューズ』などイギリスの新聞界と密に接触し、日英連繋の根回しをおこなっている。このころから蘇峰は、平民主義からしだいに強硬な国権論・国家膨脹主義へと転じていった。

帰国直後の明治30年(1897年)、第2次松方内閣の内務省勅任参事官に就任、従来の強固な政府批判の論調をゆるめると、反政府系の人士より、その「変節」を非難された。 蘇峰は「予としてはただ日本男子としてなすべきことをなしたるに過ぎず」と述べているが、田岡嶺雲は蘇峰に対し「一言の氏に寄すべきあり、曰く一片の真骨頂を有てよ。説を変ずるはよし、節を変ずるなかれと」と記して批判し、堺利彦もまた「蘇峰君は策士となったのか、力の福音に屈したのか」とみずからの疑念を表明した。

明治31年(1898年)には『国民之友』の不買運動がおこり、売り上げは低迷した。蘇峰は、この年の8月『国民之友』のみならず『家庭雑誌』『欧文極東』も廃刊して、その言論活動を『國民新聞』に集中させた。なお、蘇峰の政治的姿勢の変化については、有力新聞を基盤として政治家と交際し、政界・官界に影響力を持った政客として活動することで政治を動かそうとしたとして肯定的な評価もある 。

蘇峰はこののち山縣有朋や桂太郎との結びつきを深め、明治34年(1901年)6月に第1次桂内閣の成立とともに桂太郎を支援して、その艦隊増強案を支持し続け、同37年(1904年)の日露戦争の開戦に際しては国論の統一と国際世論への働きかけに努めた。戦争が始まるや、蘇峰の支持した艦隊増強案が正しかったと評価され、『國民新聞』の購読者数は一時飛躍的に増大した。しかし、明治38年(1905年)の日露講和会議の報道では講和条約(ポーツマス条約)調印について、

ジャーナリスト
図に乗ってナポレオンや今川義元や秀吉のようになってはいけない。引き際が大切なのである。

と述べて、唯一賛成の立場をとったことから、国民新聞社は御用新聞、売国奴とみなされ、9月5日の日比谷焼打事件に際しては5,000もの群衆によって社屋の襲撃を受けた。このとき、新聞社の印刷設備を破壊しようとする暴徒と国民新聞社の社員とが社屋入り口付近でもみ合いとなり、駆けつけた日比野雷風が抜刀してかろうじて撃退している。

明治43年(1910年)、韓国併合ののち、初代朝鮮総督の寺内正毅の依頼に応じ、朝鮮総督府の機関新聞社である京城日報社の監督に就いた。『京城日報』は、あらゆる新聞雑誌が発行停止となった併合後の朝鮮でわずかに発行を許された日本語新聞であった。 翌明治44年(1911年)8月24日には貴族院勅選議員に任じられている。前年5月には大逆事件の検挙が始まり、明治44年(1911年)1月には極刑の判決が下った。弟の蘆花は、桂太郎首相に近い蘇峰に対し幸徳秋水らの減刑助命の忠告をするよう求めたが、処刑の執行は速やかにおこなわれたため、間に合わなかった。

明治45年(1912年)7月30日、明治天皇崩御。蘇峰は明治天皇の死について、

国家の一大秩序は、実にわが明治天皇の御一身につながりしなり。
国民が陛下の崩御とともに、この一大秩序を見失いたるは、まことに憐むべきの至りならずや。

と言及している。

一片の丹心渾べて吾を忘る
貸店舗!貸店舗 大阪おすすめ貸店舗も数多く揃えています!
三国干渉